クレジットカード現金化とはどんな仕組みなのか

クレジットカード現金化は、ショッピング枠として使える部分を現金化するというものであり、個人で行える他、現金化業者のサービスを利用することも出来ます。
まず個人で行う場合は、ショッピング枠で商品を購入して中古買取サービスを利用する方法や、ギフトカード・新幹線の回数券などを購入して金券ショップで買取ってもらう方法があります。
個人で行うメリットとしては、現金化業者を利用した場合に支払う手数料がかからないということが挙げられます。
しかし還元率の高い商品等を自分で探したり、信用できる買い取り業者を自分で探す必要があるため、大変手間がかかるというデメリットもあると言えるでしょう。
それに本来、ショッピング枠の現金化を目的とした利用は規約によって禁止されているため、そのことが疑われたりバレたりした場合は、一時利用停止や永久利用停止、そして一括返済請求を受けてしまうというリスクがあります。
一方で現金化業者を利用する場合は、グレーゾーンのサービスではありますが、利用する側には違法性はないとされています。
ですので、個人で行う場合のような利用停止措置などを受けるリスクはとても少なくて済みますし、業者選びさえしっかり行っておけば高い還元率での現金化が可能になると言えるでしょう。

クレジットカード現金化の業者サービスには、「キャッシュバック方式」と「商品買取方式」の2種類があるため、利用する際はあらかじめその違いを知っておくと便利です。
まずキャッシュバック方式は、商品を購入するとキャッシュバックと称して現金が振り込まれるという方法になります。
キャッシュバック方式のメリットは、即日で現金が振り込まれるということであり、急いでいる場合に便利だと言えるでしょう。
一方の商品買取方式は、業者が指定した商品を購入し、それを再び業者に買取してもらうことで現金を得るという方法になります。
商品買取方式は、現物を購入するケースでは時間がかかることがありますが、ギフトカードを購入するケースだとより早く現金化することも可能です。